CARE

革・毛皮のお手入れ

定期的なお手入れで美しさ長持ち 革製品のお手入れ

革は、大変デリケートな素材です。着用の後や汚れた時など適切なお手入れを心がけましょう。ここで紹介しているお手入れ方法は、あくまでも一例です。素材や加工、汚れによって手法が異なりますので、状況説明のうえ、購入されたお店に直接聞かれることをお勧めいたします。なお、ヒロキでお買い上げの商品については、当店までお気軽にご相談ください。

表革の手入

塵埃の汚れ
一般的な塵や埃による汚れは、乾布やブラシで拭けば良く、その他の汚れはレザークリーナーで薄く延ばして拭けばとれます。水染めの革の場合は、レザークリーナーはシミになり易いので使用しないでください。部分的な軽い程度の汚れは良質の消しゴムでもとれます。

水に濡れたら
雨などで濡れてしまったら、タオル等で叩くようにして水分を吸い取り、風通しの良い場所で陰干しにします。早く乾かそうとして火に近づけたりアイロンをかける事は厳禁です。革が硬化し脆くなり元には戻らなくなります。乾いたら揉みほぐしたり、革用のクリームを薄く塗ったりして手入れをしてください。
ただし、水染めの革の場合は革用のクリームを使用しないでください。

スエードの手入れ

塵埃の汚れ
塵埃などの軽い汚れは、軟らかめのナイロンブラシをかければ、スエード面の毛切れで汚れが一緒に落ちます。スエードブラシがありますが、硬めの歯ブラシでも代用できます。

保管方法

保管の際は型崩れしないように注意します。また、直射日光に当たる場所や湿気が多い場所で保管すると、変色やカビの原因となりますので避けてください。

美しい毛並みを保つために 毛皮製品のお手入れ

毛皮は特に、優しく丁寧なお手入れが必要です。ここで紹介しているお手入れ方法は、あくまでも一例です。素材や加工、汚れによって手法が異なりますので、状況説明のうえ、購入されたお店に直接聞かれることをお勧めいたします。なお、ヒロキでお買い上げの商品については、当店までお気軽にご相談ください。

汚れたら

ジュースなどの液体をこぼしてしまった場合は、すぐに乾いた布で水分を拭き取ります。シミや汚れがついたら、水を少量含ませた布でたたくようにして汚れを取り除きます。

毛並みのお手入れ

毛皮のコートを着用した際は、コートを軽く振ってほこりを落とし、静電気を起こしたブラシなどで軽く逆毛に撫でて埃を吸い取ってください。その後、細くやわらかい金のブラシで優しく毛並みを整えてください。

保管方法

毛皮専用の低温保管庫に預けるか、専用のケースに防虫剤も入れて保管します。シーズン中は、湿度が少なく暗い、涼しげな場所が適しており、逆に湿気のこもる温かい所、直射日光が長時間当たる場所は避けてください。